お風呂をよりリラックス空間にするために

お風呂をリフォームしたい!おすすめオプションを紹介

ショールームは数社は周って比較検討する

浴室には大きく分けて3種類あります。 一つ目は、昔ながらの工法として知られる在来工法、二つ目はユニットバスとして知られているシステムバス、そして三つ目は、在来工法とシステムバスのハーフユニットバスが融合された、ハーフユニットバスです。 それぞれに良さがあるのでよく比較検討してみましょう。

普段の家事を楽にして、長く使えるお風呂を造ろう

いくら綺麗にリフォームしても、使っていればやはり汚れます。 とはいえ、毎日磨いて綺麗を保つのも大変なので、この際とことん楽をしてみてはいかがでしょうか。 また、二世帯住宅はもちろん、現在は良くても将来的に考えて長く使いやすいお風呂が理想ではないかと思います。

光熱費や環境を考えたお風呂

お風呂は毎日使うものなのでどうしても光熱費は必要経費としてかかります。 節約の為に家族で間を空けずに入浴したり、シャワーを流す時間を節約したり、光熱費を節約するために日々努力しておられる家庭も多いのではないでしょうか。 しかし出来ればそのようなことを考えずにゆったりと入浴したいものです。

浴室の種類やそれぞれの特徴について考えてみよう

お風呂のリフォームを考えている時は、まずはショールーム見学に行ってみてはいかがでしょうか。
システムバスを取り扱っている会社なら、大抵ショールームを用意していると思いますので、まずは近場を探して見学してみて下さい。
実際にどのようなものなのかは体験してみるのが一番分かりやすいと思います。カタログだけでは分からない、各機能や広さ、使いやすさなどを体感してみることで、自分の中のイメージが固まってくるのではないでしょうか。
バスタブの中にも入ってみて、座り心地や安全性などを確認してみるのも良いと思います。これは、浴室全体の広さも実感できるのでお勧めです。
最初の段階ではあくまで見学なので、具体的なプランの相談はまた後日にしておくと良いと思います。まずは体験してみてイメージを固めることが重要です。
そして、イメージが固まってきて、予算をどれくらいかけられるのか、広さはこれくらいが良い、という具体的なプランが出来てきたら、建築家やコーディネーターといった専門家についてもらって、具体的なリフォームプランをたてていくと良いと思います。
シャワーなどは実際に出すことが出来る所が多いので、使い勝手の良さも確認しておくと、オプション選びに役立つと思います。また、洗面化粧台や脱衣所も、実際にモデルとして体感しておくと、プランを立てる時に役立つのではないでしょうか。
しかし気を付けるべきところは、最新の機器や機能に目をとられすぎないことです。家族構成や、普段の入浴スタイルをよく考えて、自分達が快適に過ごせるようなリフォームを目指しましょう。

おすすめリンク

畳張り替えのタイミングとは?

なかなかわかりづらい畳の張り替えのタイミングを見極めるポイントをわかりやすく解説します。

ガラスフィルムの新しい可能性

スマートフォンやタブレットの画面を守り、新しい世界を見つけましょう。ガラスフィルムで状態を保ちます。

横浜のリフォームの相談窓口

横浜でのリフォームについての相談はお気軽にご連絡ください。リノベーションで、新たな生活を。